平成のうちに…音楽回顧

今週のベル練習は、昨日水曜日の「つくのベル愛好会」、今日木曜日のむさし会「ハンドベル講座」でした。
つくのさんは、今年から加入された参加者さんがお友達を呼んで下さり、その方も加入して頂けそうです!
素晴らしい!つくのさん久しぶりの大所帯になれそうです^^
また、参加メンバーさんから、スナップえんどうを頂戴しました。
晩のおかずで、鶏胸肉とレンジ蒸しして、とても美味しくいただきました!
しゃきしゃきして、ホント美味しかったです。ありがとうございました。

つくのさんにも今年のサロンドのDVDを渡し、演奏メンバー全員にDVDが行き渡りました。
画像

次、3回目のサロンドは、12月1日決定です!!同じ場所で開催できます!!
来月、令和から、出演グループを決めたいと思います。あしべさんと共に演奏して下さるグループ、大募集です。
よろしくお願いいたします♪

むさしさんは、前からの曲2曲を、しっかり練習しました。
9月のいきいきサロンでのお披露目を目標に、自信もって演奏できるよう、準備できそうです。
10連休中にベルレンタルして練習して下さる演奏メンバーさんもいらっしゃるので、とても頼もしいです♪

さて、表題に「音楽回顧」と名付けましたが、
平成の間に、音楽の、特に音楽を残す手段が相当変化したな〜と、最近思っています。
上の画像のDVDもそうですよね。数年前では、家庭でそんなこと出来ると思っても見なかったです。
カセットやレコード→MD→CD→DVD→そして今はMP3や音楽配信が主流ですね。
この間、久しぶりに堺市図書館に行きましたら、「ナクソス」と提携していて、そこからクラシック中心の音楽が聴き放題という、インターネット図書館まで体験できるようになりました。
こうなってくると、もう自分で音楽を持つことなく、ネットで音楽を共有するのが当たり前になってくるみたいです。
部屋がかさばらなくていいですが、なんか物足りないような。

そう思いながら、先日、3泊4日でMDウォークマンをレンタルし、MDに録音していた平成の音楽を、MP3に変換して救出できました。
自宅のMDデッキやウォークマンが壊れてしまったので仕方ないですが、CDレンタルするよりは安くすんだと思います。
その中で、平成12年から14年頃まで習っていたスティールパンの、自分が先生と演奏した録音が救出できたのはとても大きかったです。
発表会で演奏する前に録音した物と思いますが、自分の音が再現できて嬉しかったですし、
自分ひとりではなく人と演奏するとこんなに楽しいんだと改めて確認できました。
パンの先生、伴奏うまいな〜と改めて思ったり(上から目線?失礼してます^^;)
曲は「イパネマの娘」です。
私らしい音色だなと思いました。高校生の頃「G線上のアリア」をクラリネットアンサンブルした音と似ていて、
(これは、カセットで録音したものなので、カセットデッキは家にもあるので、いつでも聴けます♪)
自分で言うのもなんですが、音量は小さくても柔らかい音、響きを大切にした音、自分が好きだなと思う音、
それを確認できたのも良かったです。
今の自分のベル演奏も、もしソロ演奏したら、そういう風に出来るといいんですが…。

長々回顧していますが、結論は、「自分の演奏を未来の自分が聴くために」、手元に残す音楽も、
令和になっても、その手段は残ってほしいなと切に思います。

そして、「自分の音」を残したくなった人、追求したくなった人のための企画も、令和で実現したいですね。
乞うご期待下さい!
来週、月曜木曜のブログは、連休ということでお休みします。
さすがにその次の月曜は書いてしまうかも。
平成最後のおとみんブログ、最後までお読みいただきありがとうございました。
令和もよろしくお願いいたしますm(. .)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック