紫陽花の花が咲く頃思うこと

今週は外勤が少なく、穏やかな週です。
ベル練習は今日のむさし会「ハンドベル講座」だけでした。
むさしさんの十八番の曲「もみの木」は、パート替えに挑戦でした。
違うパートやるのも楽しかったです。色んなパートを演奏すると、曲が立体的に感じられて楽しめますね♪
自分は、低音で支えるのが合っているかな~と思っていたけど、
今日担当した高音、ホント楽しかったな~、そういえばひねのさんの「瑠璃色の地球」も楽しいもんな~って、自分の好みを再発見出来る機会にもなります。

先日は、1日だけ盛大に雨が降っていましたね。
紫陽花の花も綺麗に咲いて来ています。
画像
こちらの紫陽花は、関ヶ原で撮ったので、大雨の前でした。
紫陽花の「花」は、実は私たちが花びらと思っている部分とは違うそうですが↓、
http://weathernews.jp/s/topics/201605/180145/
紫陽花を見ると、昨年ブログに書いたことを思わせます。

 ~~昨年のブログ引用~~
   勝手なこじ付けですが、ベル演奏も、紫陽花の花、みたいなものかもしれませんね。
   1音、一つの花びら、だけでもいいけど、
   沢山音が集まって一つの曲が出来ることで、
   沢山花びらが集まって紫陽花の花が成り立つことで、
   美しさが増すような気がします。
   私たち1音1音も、美しく咲かすことができますように♪
 ~~~~~~~~~~~~2016.6.7付ブログより

自分はピアノを弾くのも好きですが、ベル演奏という「みんなで」音楽を作り上げるのも好きです。
ソロとグループ、それぞれ、真逆のようですが、音楽を伝えたいという方向は同じように思います。
これは、心理職の視点で言えば、「個人のカウンセリング」と「集団精神療法」の相違みたいなものでしょうか。
「個人」で深く話に寄り添うのもあり、「集団」で人との関係性から自分の存在の大事さに気づくのもあり、
どちらも、心の再生を目指していると思います。
但し、向き不向き、好き嫌いはあるかもしれません。
不向きかもしれないけど挑戦するのもありかもしれません。
どのような形でも、音楽も心も、その人らしさが生かせるよう、引き出せるよう、場を整えたいと思います。

紫陽花がみずみずしく咲くのを見る度、そんなことを思っています。
oto-minの活動で、皆様が素敵に花を咲かせられますように♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック