楽器博物館ツアーはいかが?

今週は、水曜にひねの会「みんなで楽しむハンドベル講座」、今日木曜にむさし会「ハンドベル講座」のベル練習がありました。
ひねのさんは、十八番曲のパートを、新しい参加メンバーさんも一緒に出来るようにみんなで工夫しました。
まさに「みんなで楽しむ」という感じのグループだなーと思います。
むさしさんは、いよいよ十八番曲が決まり、リクエスト曲も伺い、次回からも楽しみです。
むさしさんの参加メンバーさんが、先日浜松市立楽器博物館に行かれて、
今日はそのお土産を頂戴し、お土産話も楽しめました。
そこから、「おとみんで楽器博物館ツアーしましょう!」という話で盛り上がりました!
浜松市立楽器博物館と言えば、私も数年前に行ったことがあり、楽器フェチの私にとって大好きな場所です。
ここで寝泊まりした~い!と思うくらい様々な楽器に囲まれる場所です。
で、行かれたメンバー曰く、楽器の体験コーナーにミュージックベルもあったとか。
私が行った時にはそんなに意識してなかったのですが、今なら本気で試奏しそう♪
、、、ということで、おとみん参加メンバーで訪れて、体験コーナーのベルで本気演奏しませんか??
、、、というのはさておき、音楽好きの人は間違いなくはまる場所と思います。
調べてみましたら、1泊2日2~3万円ほどで行けそう。もちろん鰻も食べて!!
日帰りも行けそう。新大阪~浜松間は2時間かからないで行けそうです。
新大阪9時に出たら、楽器博物館に11時には着きそう。
鰻を食べて(^^)たっぷり博物館だけ楽しんでも、17時に浜松を出ても19時には新大阪に着きそう。
、、、ってしっかり具体的なプランになりつつありますね^^ゞ
おとみんメンバーさん、「行きたい!」という方、ぜひふくだに声かけて下さいね~。
画像

お土産のラスクもおいしかったです。ありがとうございましたm(. .)m

楽器と言えば、只今家で仕分け作業を行ってまして、
久しぶりに私の部屋の楽器コーナー(押し入れ)から、探していた「オタマトーン」を発見しました!!
家族からのプレゼントなのに、今までちょっと行方不明で。。。
また機会あれば、会にも持って来てみますね♪
画像


そんな、楽器の話で盛り上がっていたら、今朝の新聞の記事も忘れてワクワクしました。
記事、、、来年の1月からJASRACが音楽教室向けに著作権料を徴収するとのことです。
画像

平成29年6月8日朝日新聞朝刊より引用

やりたい音楽に制限が出来るのは嫌なので、恐らく払うと思いますが、
そのお金、ホントに作曲家、作詞家、編曲家に行き渡っているか、ちゃんと証明してもらえるのでしょうか。
やはり「音楽は金持ちしか出来ないのか!」という腹立たしさも蘇ってきます><
音楽は、誰にだって平等に開かれてほしいのに。。。
また、作曲する立場としても、、、仕事で作曲している訳ではないから偉そうには言えませんが、
自分が作った曲が大勢の人に聴かれて、演奏されて、歌われてというのは、とても嬉しいし誇らしいし、
「音楽で伝えた」物を受け取ってもらえた喜びは何にも増して大きいように思います。
でも、今回のことで、音楽が誰にでも、、、という機会が奪われそうで、それが哀しいです。なんだかなーって感じ。
音楽教室関係者による署名で、この決定がどうにかなるか分かりませんが、何とも窮屈な時代だなーと思いました。。。

場合によっては、おとみん存続の危機かも(徴収料が多いと赤字になり、続けられません);;
どうか、みんなの「音楽が好き」という気持ちが損なわれることがありませんように!!
音楽を奏でる機会が奪われませんように!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック