むさしさんベル演奏! & ファミリーも大歓迎!

今日はさきほど、むさし会「ハンドベル講座」が、堺市堺区の老人施設のデイケアセンターにてベル演奏してきました!
ちょっとこちらの準備が手間取ったおかげで、予定曲を少しカットしましたが、
念願の「白鳥」がお披露目できて良かったです。
「ふるさと」と「上を向いて歩こう」は、60名程(もっといらっしゃったかな?)のフロアの皆様もベル演奏とともに歌って頂き、
いい感じで音が響きあって楽しかったです。ありがとうございました♪
画像


さて、先日はつくのベル愛好会の練習日でしたが、
参加メンバーさんの息子さんのお嫁さんが見学に来て下さり、次回から参加して頂けることになりました!
嬉しいです!!ありがとうございます。
家族が集団に加わると長続きする気がします。今までの経験上。
例えば、以前いた職場では、いわゆる「同族経営」みたいな所ですが、
経営者だけではなく、職員も夫婦であったり、親子であったり、いわゆる血縁関係で一緒に働く人たちが多かったです。
もちろん、職場内恋愛から結婚になったケースもありましたが。
そういう方々の位置づけは強い!そして無理なく長続きしている!そんな印象がありました。
つくのさんだけではなく、他のグループでも、血縁関係、ファミリーでグループの人数を増やして頂くこと、大歓迎です!!

ファミリーで参加出来るようになったら、家の中で演奏出来て楽しいですよね!
私もいつの日か、家族とピアノ連弾出来るのを楽しみにしています^^

ところで、以上の話から、今担当しているベルグループについて連想が膨らんだのですが、
つくのベル愛好会は、「家族」「親戚」の集いのような感じがすごくしますね~。
いずみ会「ハンドベル教室」は、「教室」というタイトル通り、「ゼミの仲間」「音楽授業の仲間」みたいな感じがします。
ひねの会「みんなで楽しむハンドベル講座」も、形態はいずみさんと同じですが、どちらかと言えば「近所付き合いの仲間」あるいは「クラブ活動の仲間」という感じがします。
芦部フレッシュは、すでに婦人会のメンバーとして作られた集団ですので、その感じが強いですし、結構つながりも強い気がします。
そして、本日演奏をして来たむさし会「ハンドベル講座」は、「職場の仲間」あるいは「姉妹」みたいな感じもしますね~。
、、、勝手な想像ですが、、、でもそれぞれのカラー、個性が、素敵に響きあえること、仲間同士で音楽を通してつながっていけること、今後も期待します!

そして各グループ、結構風通しはいいと思いますので、参加ご希望の方、いつでもお待ちしてます♪

ブログ来訪カウントがいよいよ9000!あとちょいで10000です!!
たくさん閲覧して頂き、本当にありがとうございます!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック