感動のひとときを味わう

スポーツは全くしないですが、TV観戦するのは好きです。
昨日のワールドカップサッカー女子の決勝トーナメントで、
2点目を決めたとき、ちょうどTVで観ていたのですが、
あまりの美しい決め方に、うっすら涙を浮かべてしまいました。
なんてすごい。。。感動しました。
スポーツのシーンで感動することはよくありますが、泣くのは初めてです。
なでしこのみなさん、感動をありがとうございます!ぜひ優勝してほしいです!!

感動して心がうち震えるような感覚、そんなに多くなくてもいいから感じたいと思います。
ベルの時間は結構そんなひとときが多く、
難しいと思われていた楽譜を、少ない人数で上手にまとめられた時、
これにも大いに感動します。
昨日の「つくのベル愛好会」今日の「むさし会」はそんな時間でした。
感動をありがとうございます!

そして、「人の話を聴く」というのも感動の宝庫だったりします。
職業柄話を聴く機会は多いのですが、
そんなすごい経験をして来たんだ、そんな環境の中に身を置いて来たんだと思い、
感動というか、これまた心がうち震えるひとときがあります。
そして実はこの度、oto-minのニュースレターの新コーナー「あの人にベルについて聴いてみよう!」という、参加者さんのインタビューコーナーを作りまして、
その第1回ゲストに、先日インタビューしたのですが、
(誰かは後のお楽しみです^^)
音楽が身近なものになったというその方の話にも深い感動を覚えたのでした。
感動をありがとうございます!

「聴く」といえば、先日の朝日新聞の1面下方にある「折々のことば」で、
「聴くとは、動けなくなることだ」ということばを取り上げていたのも印象的でした。
引用しますと、「~ほんとうの『聴く』とは、これまでそのようなものがあるとすら思っていなかったような他人の心の疼き、心の震えに触れて、身じろぎできなくなることだ。そしてそれにとことん身を晒すこと。~」(2015.6.20 朝日新聞 折々のことば 鷲田清一)とあり、
自分の「聴き方」についても若干反省させられました。
感動のひとときも、まさに動けなくなる瞬間なのかも知れませんね。

心が揺さぶられる感動のひととき、音楽を通じてご一緒に味わえることにいつも感謝です♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック