大分出張、そして気がつくと20年!

先日、心理関係の講習会&ワークショップのため、
大分まで行って来ました。
いつも徳島やら名古屋やら、日帰り仕事しているのですが、
今回は流石に1泊2日です。
大分県…昔別府温泉に、家族旅行で行った記憶がありますが、
その時は、行きがフェリーで、そのせいかそうでないかわかりませんが私が体調悪くなり、
早めに帰った記憶があります。
今回は、行きは新幹線→特急、帰りは飛行機という経路を使いました。
時間はほぼ同じ、料金は飛行機早割にしたためほぼ変わらぬ料金でした。
帰りのほうが楽だった気がします。

画像

大分駅…想像以上に大きかったです。
徳島のような感じかとおもいきや、もっと大きく店も多かったです。
どうやら、人口も大分のほうが多いみたいですね。
(2010年国勢調査で、大分県は33位、徳島県は44位でした。)

1日目は、列車や会場で冷えたせいか、花粉症ぶり返しか、早起きか、体調のリズムのせい等々で、
夕方にかけて偏頭痛でした;
やっぱり、大分は鬼門なのか。。。
おかげで、講演会後出歩くことなく、調べていた名物を食べたのみでした。
うどんを太くした麺とお味噌のスープと野菜たっぷりで美味しかったです^^
画像


2日目は丸1日ワークショップ!
心理臨床のワークショップはほぼこんな形式で、
心理臨床の世界に入って今年で20年ですが、
結構参加しています。
常勤心理職の時は出張費を頂けたので、遠方まで学会やワークショップに毎年行っていました。
4年前に常勤心理職を辞してからは、今回2回目のワークショップ参加です。
泊まりは今回、辞めてからは初めてかも。
、、、お金がかかっちゃうので、なかなか自費では行きにくいものですよね。
でも、研修ポイントをもらわなければ、、、もありますし、
今回のワークショップは、かなり勉強になったので、行けて良かったと思っています。
そして、機嫌よく受講できたおかげか、この日は偏頭痛が全くありませんでした。
良かった~、大分体調不良ジンクス克服!です^^

今回、心理の基本「話を聴く」について、
より一層「なるほど」と思えるアプローチを学べました。
自分一人でやっていると、「これでいいのかな」にぶち当たることが多くて、
自己反省ばかりなのですが、
今回の学びで「これでいいんだ」「今度こうしてみよう」と後押ししてくれる感じも得られました。
実践を繰り返しつつ学びに立ち返り再び実践へ、、、を繰り返す仕事だな、と、
改めて感じています。

oto-minは音楽中心ですが、
「心理臨床の知識と実践を積み重ねつつある人が行っている」会だからこそ、
感じられる何かがあればいいのにな~と、
今後も心理と音楽の両輪が続くのかなと思っている次第です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック