老いを自覚? & 30日(水)はとことんハンドベルズの時間です♪

週末はとてもいい天気でした。
大学の祭りに行ってきたのですが、とても暑かったです。
そこの催しで、簡単な健康診断と体力測定を受けてみました。
暑かった割には血圧正常だなとか、握力相変わらず低すぎるなとか、
アルコールパッチテスト、やっぱり真っ赤っ赤だったとか、、、
楽しんで受けていたのですが、
ショックだったのが、「血管年齢」が今の年齢+4歳だったことと、
バランス測定で、目をつぶって片足で立つという、一見簡単な動作が、
4秒しかもたなかったこと…><
(私の年齢層では52秒保てるはずなのですが;;)
この、バランス保持能力は、「加齢による変化」が大きいとのことです。
加齢、加齢、加齢…(リフレインしている;;)

老いを受け入れるにはまだ早い年齢なのですが、
以前より、老いてきている自覚があります。
1番感じるのが、ピアノですね~。
いくらブランクが20年ほどあるとはいえ、
最近は、初見が難しくなって来ました。
右手と左手の違う動きに、ついていきにくくなりました。
何度繰り返しても手が覚えてくれなくなりました。
暗譜が異様に苦労するようになりました。
なんで、自分、こんな下手くそなんだろうと思う日々。。。
それもあって、最近はピアノ練習の時間を増やしています。
おかげで、まあまあマシにはなってきていますが、
腱鞘炎のような痛みが。。。

「老い」は、若い時の「獲得」が少なくなり、「喪失」が増えてくる現象。
近々、高齢者心理について講義する機会があるのですが、
その基本を持ちつつも、
「老いて」いるからこその喜びもないかなと考え中です。
自分としては、以前より、初めての所へ行くとか、初めてのことを行うとか、新しい発見とか、
そういったことに、大いに興味をもつようになりました。
おそらく、「獲得」が少なくなっているからでしょう。
「初めて知る感動」この気持を絶やさないことが、
今後老いを迎える自分には必要なのかな、
なんて思っています。

「とことんハンドベルズ」は、今までハンドベルを行ったことのない方には、
新しい発見ばかりと思います。
音楽に触れたことがなかった人でも、楽しさを発見できると思います。
「新しさ」には、時に「大変さ」も含まれるかもしれないですが、
大変さを最小限にしながら、音楽の楽しさ、音楽による発見を、
サポートしていきたいと思います。
今週はいつも通り、あさって水曜日の14:30~16:00、文化教室津久野一丁で行います。
今週も新しい発見でみんなが楽しめますように♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック