文化部?運動部?帰宅部?

唐突ですが、
昨日は「文化の日」ということで、文化系の部活動の話をしたくなりました。
だいぶ以前の話ですが、自分としては、結構その時点で止まっているところがあります。。

中学校、高校の部活動は「吹奏楽部」でした。
でも、始めからそうではなく、中学校入学したばかりは「バスケ部」でした。
小学校の頃地域の活動で、バレーボールをずっとやっていて、
「副キャプテン」という称号も頂き、結構気に入って、中学でもやりたいと思ったのですが、
「ピアノの先生になるんだ!」という夢があり、
その頃から指の負傷が多かったので、
これ以上指が怪我ばかりしてはいけないため、「バスケ部」に変更しました。

しかしこれがまた、ハードな部活動で、
夏休みの練習がキツくてキツくて、結局中1の夏休みでギブアップしました。
秋から吹奏楽部に入り、高校入学しても、迷わず吹奏楽部に行きました。
それまでずっとピアノのレッスンは受けていたのですが、
高1の冬、ピアノの先生から、
「音大に行くには、ソルフェージュ他勉強が必要だから、あと2、3人の先生に教えてもらわなければいけない」「部活動をやっている時間はない」と言われました。
それまでずっと、自分は「ピアノの先生になるんだ!」と思っていたから、
迷わずピアノの方に向かえば良かったのですが、
その時の私は、部活動をとりました。
ちょうどその頃、「副部長」という称号も頂き、部活動が楽しかったのです。
音大に行かなくても、ピアノを続ければ良かったのに、
その時の私は、ピアノレッスンそのものまで辞めてしまったのです。
辞めるとき、先生に言いました。
「次にレッスンを受ける時は、自分で稼いだお金で受けます」と。
先生は「しっかりしてるね~」と言ってくれました。
それから数十年後、2年前から自分で稼いだお金でピアノレッスンを受けるようになりました。

長々とすみません。
思えば、もしやピアノを続けていたら、もっと違う世界にいたのかな?と。
運動部なら、帰宅部なら、ピアノを続けていたのかな?と。
そしたら、音大に行って、
きっとoto-min倶楽部は設立していなかったのかな?と。

先のことなんてホント分からず、その時の自分がやりたいことを優先させたのですが、
もし高1の冬に戻れるなら、
たとえ音大に行かなくても、ピアノは続けるべきかもよ、なんて助言したい気もあります。
そしたら、もっともっと、今ピアノがうまくなっていたかな~と。

そんなこんなで今、ピアノがうまくなれたら~と試行錯誤しています!

(今後もこんな風に、倶楽部の宣伝だけでなく、自分語りをこのブログでさせて下さいね~)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック