歌集制作その2パソコンを使っていると、、

こんにちは。秋晴れの次の日は秋雨で、体が冷えてきますね。
気温の変化が大きいです。
皆さま、体調を崩されないように。。

さて、来週の「憩いの音楽倶楽部つくの会」開催に向けて、
猛ピッチで歌集を制作しています。
1曲1曲、歌詞を入力しているのですが、
いろんな言葉に出会え、新しい発見もあります。
『おさななじみ』という曲は10番まであるのですが、
全体的に、甘酸っぱくさわやかで、嬉しい結末で、
こんな曲を入力していると、自分も嬉しくなってきます^^

しかしながら、自分が無知なのも悪いのですが、
読めない漢字に出会うと、作業がピタッと止まってしまいます。
某曲の“昧爽”や“玻璃”…どう読みますか?
“昧爽”は“まいそう”、“玻璃”は“はり”と読むらしいですが、
(合ってますか?)
特に“玻”は全く読めず、入力もできず、お手上げでした。
私はパソコンはずっとMacintoshを使っているので、
WindowsみたいにIMEがなく、手書き入力で読み方を捜すことが不可能なのです。
ところが、そのMacだけに使える技が、あるサイトに載っていました!
例えば、“玻”は“王”と“皮”どちらも続けて入力し、
どちらも選択した状態で、control+1を押さえると、
なんと、その2つが合体して、“玻”になるではありませんか!
入力出来れば、あとは読み方を捜すサイトにコピペして、
何とか“玻璃”は“はり”だとわかった次第です。
ああ大変。。。。。

さてこれらの大変さを解消すべく、
Winユーザーに教えてもらった「Google日本語入力」を、先ほどダウンロードしてみましたが、
手書き入力が見つからない;;
まだまだ試行錯誤はつづきます。
そんな、歌集を見に、是非皆さまお越し下さいね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック